糖尿病は口臭が出やすくなる

合併症が怖いと言われている糖尿病。
歯磨きで歯茎から出血して、
病院で診断をしてもらったら糖尿病だった、というケースもあります
その逆のパターンも少なくありません。

 

歯周病は口内で細菌などが繁殖することによって歯周部分(歯肉や歯を支える骨など)に炎症が起こることを言います。
どうして糖尿病と歯周病にこのような関係があるのか紹介していきます。

 

糖尿病にかかると、身体の免疫機能が急激に低下して様々な合併症を引き起こすようになります。
そのため、身体は細菌などに対してとても無防備な状態になります。

 

すると口内に繁殖した細菌が次々に増殖するようになって歯周病を引き起こすようになります。
また、糖尿病での歯周病は回復しづらいため、長期間に渡って治療を行う必要のあるケースも少なくありません。

 

また、糖尿病は唾液の分泌量を低下させてしまいます。
唾液は口の中の細菌や食べカスなどを洗い流す役目を持っていて、口内の清潔を保つために必要不可欠な存在です。
その唾液の分泌量が低下すると細菌を退治することが出来なくなるばかりか口の渇きが起こって細菌が繁殖しやすくなります。

 

さらに、糖尿病にかかると怪我の治りが悪くなります。
そのため、毎日の歯磨きの中で歯ブラシによって傷つけられた部分の修復が遅くなり、その部分が炎症を引き起こすリスクが高くなるので歯磨きにも注意を払ってより丁寧に行う必要があります。

 

このように、
糖尿病にかかると口内環境が著しく悪くなる傾向にあり、これによって口臭が生じるようになってしまいます。

 

糖尿病にならないために

 

糖尿病は生活習慣病を代表する病気です。
糖尿病は先天性のもの(1型糖尿病)と後天性のもの(2型糖尿病)があります。
また、妊娠を契機に糖尿病になる場合があり、これを妊娠型糖尿病と言います。

 

糖尿病を引き起こすリスクを高める要因には次のようなものがあります。

 

高カロリー、高脂質な食事を続けている
栄養バランスの悪い食事が多い
食事を取る時間がバラバラ
運動の習慣が無い
生活リズムが乱れている

 

糖尿病の指針のひとつに、BMIがあります。

BMIの計算式は以下の通りになります。

 

体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)=BMI

 

BMIの判定数値は以下になります。

 

・18.5未満:痩せ

・18.5以上25未満:標準

・25以上:肥満

 

BMIの数値が肥満に該当する場合は糖尿病のリスクが一気に跳ね上がるため、
標準である18.5〜25を目指して食事の量をコントロールしたり積極的に運動を行うようにしましょう

 

なお、身長から計算する標準体重を求める計算式は次のものになります。

 

身長(m)×身長(m)×22=標準体重