様々な体内環境が原因で起こる口臭記事一覧

合併症が怖いと言われている糖尿病。歯磨きで歯茎から出血して、病院で診断をしてもらったら糖尿病だった、というケースもあります。その逆のパターンも少なくありません。歯周病は口内で細菌などが繁殖することによって歯周部分(歯肉や歯を支える骨など)に炎症が起こることを言います。どうして糖尿病と歯周病にこのような関係があるのか紹介していきます。糖尿病にかかると、身体の免疫機能が急激に低下して様々な合併症を引き...

口臭は口内環境だけでなく、内臓の状態によっても発生します。中でも影響が強く出やすいのが胃の調子です。口臭のひとつにゲップがあります。これは一口に口の臭いかと言えば少し異なりますが、無関係ではありません。ゲップというのは、咀嚼したものを飲み込むときに一緒に飲み込んだ空気であったり、消化の過程において発生したガスを指します。もちろん、胃の調子が悪いと食べ物を消化する能力が低下するため胃の中で食事がいつ...

便秘になると、口臭や体臭がきつくなったように感じたことは無いでしょうか。これは、腸内に溜まっている便をエサにして悪玉菌が増殖し、臭いのするガスを発生させていることにあります。本来ならこのガスはオナラとして排出されるのですが、少なからず腸から血液へと溶け込んで身体に回ってしまいます。そこで肺から臭いが発せられるようになるので口の臭いがきつくなる、というわけです。そのため、便秘がちな人は自覚が無くても...

美しいボディーラインを作るためにダイエットに励む女性はたくさんいます。しかし、このダイエットによって口臭が発生しやすくなることを覚えておきましょう。ダイエット、つまり食事制限を行うと食事の量が極端に減ってしまうため常に空腹状態になります。まず、食事の回数や量が減ることによって咀嚼する頻度が低下します。すると唾液の分泌量が低下してしまうため、口内の雑菌が増えやすくなって口の臭いが強くなります。また、...