食べ物や飲み物による口臭

食べ物や飲み物が原因となって口臭が発生する場合があります。
代表的なものに、ニンニク、ネギ類、アルコールがあります。

 

ニンニクやネギ類には、アリシンという成分が含まれていて、これが臭いの原因となっています。
アリシンは酵素によって分解されるとアリインという成分に変化。
これが胃腸で消化・吸収されることによって臭いが発生して血液中に溶け込みます。
すると、血液に溶け込んだ臭いの元が呼吸として排出されるので口臭が起こるというわけです。
その他にも、キムチ、ギョーザ、焼肉など口臭を引き起こす食べ物はたくさんあります。

 

一時的に口臭を抑える飲み物

 

これらの臭いを抑えるのに牛乳が効果的だと言われていますが、その理由は牛乳に含まれている脂質によります。

 

牛乳の脂質が臭いの元となっている成分を包み込むため、臭いが発生にづらくなって口臭対策として効果をあげることができます。

 

しかし牛乳に多く含まれているたんぱく質は分解されることによって硫黄化合物に変化して臭いの元となってしまうため、
飲みすぎるのはNG。

 

口の臭いを引き起こす食べ物を食べている最中、あるいは食後1時間以内にコップ一杯程度の牛乳を飲むと口臭対策として高い効果を発揮することができます。

 

牛乳以外にも身近なもので口臭を抑える効果を持っているのがコーヒーです。
しかしコーヒーは唾液の分泌量を低下させる作用を持っているので、口が渇いてそこから臭いが発生する場合があるので、これもまた一杯程度に抑えるようにしましょう。

 

また、レモンやハーブ類、薬味類も口臭を抑える効果のある食べ物・飲み物ですので、
口の臭いが気になる方は積極的に食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

アルコールと口臭

お酒を飲んだ翌日、いつも以上に口が臭う。

そんな経験をしたことはありませんか?

 

これは、アルコールを代謝する過程で生成されるアセトアルデヒドという成分によって引き起こされたものです。
アセトアルデヒドは血液に溶け込んで全身に回るという特性を持っています。
身体はアセトアルデヒドを排出するために、胃や肺、皮膚などから発散させているのですが、これが臭いを引き起こす原因となっています。

 

またアルコールを摂取することによって高い利尿作用が生まれます。
するとトイレが近くなって、身体は脱水症状の状態に。

 

体内の水分量が減少すると唾液の分泌量が低下してしまうため口の中が乾いて、口内の雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

 

雑菌が多く繁殖すると臭いを放つようになるため、これもアルコールによる口臭の原因のひとつと考えるkじょとができます。

 

さらにアルコールは胃に大きな負担をかけます。
アルコールを摂取すると胃の粘膜に傷が付いてしまい、胃の活動が低下します。
すると食べ物の消化が遅くなって胃の内部で発酵し、これが臭いとして発散されるようになります。

 

アルコールは適度に飲めば血行を良くして身体の調子を上げることができますし、ストレス解消にも効果的ですが、
過度の飲酒は口臭を作り出す様々な原因となりますので適度な量と飲み方を心がけるようにしましょう。