コーヒーによる口臭

目覚めに一杯のコーヒー、仕事中にもコーヒー、ティータイムにコーヒー、

仕事帰りにコーヒーと、
コーヒーは私たちの生活にとって切っても切れないポピュラーな飲み物です。

 

愛好家もとても多く、仕事をバリバリと進めたい方や眠気を覚ましたい方などが飲むイメージがあります。

 

コーヒーの香りにはリラックス効果もあるので、
仕事のお供に最適な飲み物ですよね。

 

しかし、コーヒーを飲んだ後は独特の口臭が起こります。
これは、焙煎したコーヒーの微粒子が舌の表面に付着してそのまま残ることが原因です。

 

さらに、
口内のペーハー値を低下させて
細菌が繁殖しやすい環境を作ってしまうこともわかっています。

 

加えて、コーヒーに砂糖やミルクを入れるとより強い口臭が発生するようになります。
これらが全て混ざり合うことによって舌に粘着し、細菌が繁殖して臭いを発するようになります。

 

また、眠気覚ましに効果的な成分であるカフェインは唾液に分泌量を低下させる効果があります。
コーヒーには利尿効果もあるため身体の水分量が減って唾液の分泌量が低下し、
これによって細菌が繁殖しやすくなるという面も。

 

それでもコーヒーを飲む習慣がついているとなかなかやめることができるものではありませんよね。
実際にコーヒーを飲むことで仕事の能率が上がる人もいるわけですし、適度な気分転換にも有効です。

 

そこで、コーヒーによる口臭を抑えるためのお勧めの方法をいくつか紹介していきます。

 

コーヒーの口臭対策

 

まず、コーヒーを飲んだら水を飲む習慣をつけましょう

 

これによって利尿効果で排出される水分を補うことができますし、
舌の表面に付着したコーヒーやミルク、砂糖などを流すことができます。

 

可能な状況であれば、
水を含んだ状態で舌を上あごにこすりつけることによって効果的に舌の汚れを落とすことができます。

 

またコーヒーを飲んだ後にガムを噛むと唾液が多く分泌されてコーヒーによる口臭を改善することができます。