朝食をとって寝起きの口臭対策

朝、寝起きの息は臭いのが普通です。
これは生理的口臭といって、誰もが当たり前に臭います

 

その理由は、寝ている間は唾液の分泌量が極端に低下することによって口内に細菌が繁殖し、臭いを発生させているためです。
そこで、寝起きに歯磨きを行ったり、うがいをする人が多いと思います。

 

それでもある程度の口臭が残る場合がありますが、これはしっかりと
朝食を取ることによって改善することができます。

 

朝食を食べる、すなわち食べ物を咀嚼することによって唾液腺が刺激されて唾液が大量に分泌されるようになります。
この唾液は食べ物の消化や、飲み込みやすいようにドロドロにする役目を持っています。

 

また、唾液には優れた殺菌効果があるため口内に繁殖した雑菌を退治する効果があります。
唾液をたくさん分泌させるためには良く咀嚼することが重要です。

 

咀嚼の回数や強さによって唾液の分泌量に変化がありますし、食べたものを咀嚼によって細かく砕くことで胃で消化しやすくなってエネルギーの吸収率をアップ。これで朝から活動的な一日をスタートすることができます。

 

朝食を抜くと口臭が強くなる

 

忙しいからといって、朝食を抜くと前日の夕飯から次の昼食までの間、相当な時間を空腹状態で過ごすことになります。
実は空腹状態は口臭を作り出す原因のひとつ
唾液の分泌量が少ないために細菌が繁殖しやすいというのはもちろんのこと、胃からの臭いが呼吸に乗ってそれが息の臭いとして吐き出されるようになるためです。

 

これを防ぐためにはやはり朝食をしっかりと食べること。
時間が無いときでも、ある程度お腹を膨らませることで空腹による口の臭いを抑えることができます。

 

口臭対策にオススメの朝食

朝食にオススメなメニューは、和食です。

 

時間の無い朝はついつい手軽なパンで済ませがちですが、
パンは柔らかい上に水分を含みやすいので少ない咀嚼回数で飲み込めてしまいます

 

もちろん、
朝食を取らないよりはずっと良いのですが、口臭効果のことを考えると和食の方がオススメ

 

とはいえ、白米と味噌汁だけでは咀嚼回数は少ないので、漬物や唾液の分泌を促す梅干を取り入れてみましょう
漬物や梅干には多くの酵素やアミノ酸などが含まれていて、
摂取したエネルギーを効率よく利用することができるので朝食にぴったりです。

 

基本的に野菜を多く取り入れると咀嚼の回数を増やすことができるため、前日にきんぴらごぼうを作っておいたり、ほうれん草の和え物を作っておくなどすれば効果的な朝の口臭対策を行うことができます。