マウスウォッシュで口臭対策

歯磨きの後に口内を清潔にするためのグッズとしてマウスウォッシュやデンタルリンスがあります。
これらは口に規定量を含んで30秒程度うがいするだけで細菌を退治することができます。

 

特に歯並びの悪い人はどうしても歯ブラシで磨くことの出来ない部分が出てきてしまうので、
そのアフターフォローとして活用すれば優れた効果を実感することができます。

 

マウスウォッシュの効果的な使い方

 

マウスウォッシュは歯磨きの後に使用するのが通常の使い方ですが、
マウスウォッシュを口に含ませた状態で
歯磨きを行うのもオススメです。

 

マウスウォッシュは口内の清潔を保つことができるので、洗浄効果や除菌効果、消臭効果などを得ることができます。
さらに口臭の原因となる舌の洗浄にも効果的となっています。

 

しかしマウスウォッシュが歯磨きの代わりになるかと言えば残念ながらそのような効果はありません。
歯磨きは歯や歯茎、舌などにこびりついた歯垢や食べカスを効率よく落とすために行うのですがマウスウォッシュではこれらを落とすことはできません。

 

あくまでも細菌を退治すること、そして口内に細菌を繁殖させないことを目的としています。
例えば、会社で食後の歯磨きの代わりにマウスウォッシュを使うなどの利用方法は歯磨きほどではないですが、午後からのお仕事で口の臭いを気にしないで済ませることができます。

 

マウスウォッシュを利用する上で気をつけたいことは使いすぎに注意するという点です。
マウスウォッシュは細菌を減らすことができますが、口内にとって良い影響を与える細菌まで退治してしまう場合があります。これによって口内環境のバランスが崩れてかえって口臭がひどくなる場合も。

 

自分に合った、刺激が少ないマウスウォッシュを選ぶように心がけるようにしましょう