口呼吸は様々なトラブルを引き起こす

私たちは鼻と口から呼吸を行うことができます。
そして、どちらがより自然な形で呼吸を出来るのか、といえば鼻からの呼吸となります。

 

その理由は、鼻には空気中に含まれるホコリやゴミ、菌やウイルスをブロックする空気浄化機能があるからです。
鼻には鼻毛がありますし、鼻水によってコーティングされています。

 

これらが空気中のホコリなどをブロックすることが出来ますし、空気が乾燥している場合には適度に潤すことができるため喉や気管、肺などに与える刺激を減らすことができます。

 

一方の口呼吸は、鼻と比較して空気の汚れをシャットアウトする機能がかなり低くなっています。
そのため、口呼吸をすることの多い人は口腔内の乾燥や喉の乾燥、菌やウイルスなどの侵入が多くなり風邪を引きやすかったり炎症を引き起こしやすい状態となります。

 

乾燥がもたらすトラブル

 

 

さらに、口の乾燥は様々なトラブルを引き起こします。
まずは口臭です

 

口臭は口内の乾燥によって雑菌が繁殖しやすい状態となって臭いを発するようになります。

 

また、同様に
雑菌が繁殖するものとして
歯周病や虫歯なども起こりやすくなります

 

 

他にも口呼吸には唇の筋肉が衰えやすくなると言われています。
例えば、寝ているときに口が開く人がいますがこれは睡眠によって身体の筋肉が弛緩していることが原因です。

 

唇の筋肉が弛緩している状態が起きている間もずっと続いているようだと口元がだらしない印象になって美容の大敵になることも。顔の印象だけでなく、頬のたるみやホウレイ線が濃くなるなどのリスクもあります

 

このように、口呼吸は様々なトラブルを引き起こす原因となっていますので、
きちんと対策を取るように心がけたいところです。

 

口呼吸チェック

 

自身が口呼吸を行っているかをチェックするための項目をリストアップしました。
以下の項目に複数個該当するようであれば口呼吸のリスクが高いと考えられます。

 

無意識のうちに口が開いていることがある
寝起きに口の乾燥がある
寝起きの口内がネバつく
いびきがうるさいと言われたことがある
のどの痛みが頻繁にある
タンの絡みが気になる
口臭が強い
歯石が出来やすい
虫歯が出来やすい
歯並びが悪い
鼻づまりを起こしやすい
喉が渇きやすい

 

口呼吸を改善するために

 

口呼吸はある程度自覚によって改善することができます。
例えば、普段口が開きやすい人は頻繁に意識することでその都度鼻呼吸に切り替えて鼻呼吸の習慣を作ることができます。

 

慣れないうちは鼻呼吸で息苦しさを感じることがあるかもしれませんが、そのときには無理をしないで口呼吸で楽になるまで過ごしてもOK。

 

大事なことは鼻呼吸を行おうという意識の問題です。

 

また、身内や親しい間柄の人に指摘してもらうようにお願いするのはとても有効な手段だと言えます。

 

口呼吸は無自覚のうちに行っているため、自覚するのが難しい場合が多いですが他人から見れば一目瞭然。

 

気軽にお願いできる人であれば協力してもらうようにしましょう。

 

口呼吸は歯並びの悪さや骨格によっても起こる場合があります。
歯並びは矯正によってある程度整えることが出来ます。

 

成人してからだと矯正に時間がかかってしまいますが、
歯並びの悪さは身体に悪影響を与えることが知られていますので、健康を高める意味でもオススメします。

 

骨格に関しては美容整形などに掛からないとなかなか難しい部分があります。
例えば、姿勢が悪くて常にあごが前に出ている場合などは姿勢を正すことで改善できる場合がありますので、まずは正しい姿勢を心がけて。

 

就寝時

 

いびきをかいているときは高確率で口呼吸となっています。
いびきが起こるメカニズムは、気道が舌根によって狭まっていることにより、振動が起こって轟音が生まれることにあります。
そのため、いびきを解消するためには舌根を鍛えることが有効です。

 

いびき対策

舌を出して、前後左右に大きく動かしたり小刻みに動かすことで舌根鍛えることが出来ます
ので暇なときにトレーニングしてみましょう。

 

また、仰向けで寝るといびきが起こりやすいので、横向きで寝るのもいびき対策に有効です。
いびきは口呼吸を起こすだけでなく、酸欠を引き起こすリスクが非常に高いので注意が必要です。

 

酸欠状態になると、脳への酸素供給が少なくなって日中ボーっとしやすくなったり、熟睡できなくなったりします。
いびきは健康にただちに影響の現れる可能性があるため、いびきを指摘されたことのある人は対策を取るようにしましょう。