ドライマウスについて

 

 

ドライマウス、医学用語で言う口腔乾燥症
によって口臭が引き起こされる場合があります。

 

ドライマウスは若い人を中心に爆発的に増えている症状
だと言われており問題視されています。

 

ドライマウスは様々な原因があり、なんらかの作用によって口の中が乾いた状態のことを言います。

 

日ごろから水分を摂取する習慣の無い人や、唾液の分泌量が少ない人に多く見られる傾向があります。

 

日ごろから水分を取らない人は唾液腺の機能が低下している場合があり、
これが唾液の分泌量の低下に繋がっています。

 

ドライマウスには次のような症状が見られます

 

口の渇きが強く、不快感を覚える
口が渇くために会話がしづらい
ものを飲み込むのがつらい
舌に痛みを感じる
舌にひび割れが見られる
味がしない、もしくは感じにくい
口内炎や口角炎が頻繁に出来る
口臭が起こる

 

いずれも程度が軽ければ問題はありませんが、症状が悪化することによって生活に支障をきたすものばかりです。
ドライマウスによって唾液の分泌量が低下すると、食べ物の消化をうまく行うことが出来なくなって胃や腸の調子を崩してしまうケースもあります。

 

ドライマウスと口臭の関係

 

ドライマウスは唾液の分泌量が少ない症状のことを言います。
唾液は雑菌を殺菌したり、口内に残った食べカスを洗い流す効果を持っています。
そのため、唾液の分泌量が低下しているドライマウスだと雑菌の繁殖による炎症や、食べカスからの雑菌の繁殖、虫歯が出来やすいなどの口の臭いに繋がる要因を引き起こしやすくなります。

 

また、上記した通り唾液の量が少ないと胃や腸などの消化器官にも大きな負担をかけることになり、これらによっても口臭が起こることも考えられます。

 

ドライマウスの改善方法

 

ドライマウスを改善する根本的な方法は今のところ見つかっていないというのが現状です。
例えば、体調不良や病気などによって一時的に起こるドライマウスであればそれを治療することによって改善することができますが、体質によるものであれば根治させるのは難しいと言えます。

 

しかし、ドライマウスの症状を緩和する方法はたくさんありますので、その中でも代表的なものを紹介します。

 

人工唾液を利用する

 

人工唾液とは、口の中に直接塗りこむことによって唾液の代わりを果たす薬剤のことを言います。

 

ドライマウスの治療薬として利用されることを目的としており、
決められた量と回数を利用することで口の渇きを改善することができます。

 

一般の人が利用するのはもちろんのこと、
福祉の現場や介護の分野でも広く利用されていて、安全性が高いのも魅力のひとつとなっています。

 

保湿効果のあるうがい薬を利用する

 

うがい薬に保湿効果のある成分が含まれているものがあります。
これらを活用することで一時的にではありますが口腔内が潤った状態になります。
食事中、食事直後は分泌の量が増えているので、食後1時間以降に利用すると効果的です。

 

口腔用の保湿剤を利用する

 

口腔専用の保湿剤が販売されています。

 

舌に直接塗布するタイプから口に向けて噴霧させるスプレータイプ、ジェルタイプなど様々な形状があり、
自身のスタイルに合わせたものを選ぶことができます。

 

使い方に関しては、うがい薬と同様食後1時間が経過したあたりで利用するのが効果的となっています。