果物で口臭対策

果物に口臭対策効果があることをご存知でしょうか。

 

主に柑橘系の果物や、リンゴなどが優れた消臭作用を持っていて、
爽やかな香りで口の臭いを誤魔化すのではなく、しっかりと臭いの元をシャットアウトすることができます。
ここではレモンとリンゴ、オレンジの口臭対策について紹介していきます。

 

レモンで口臭対策

 

レモンにはクエン酸がたくさん含まれています。
このクエン酸は優れた殺菌作用を持っていて、口内の細菌を退治することができます。

 

息が臭う原因のひとつは口腔内の衛生状態が悪かったり、食べカスが歯にこびりついているなどの理由があります。

 

これらが重なると細菌が繁殖しやすくなって口臭という形で発露するというわけです。

 

そこでレモンに含まれているクエン酸が細菌対策に効果的というわけです。

 

また、レモンはとてもすっぱい食べ物です。
すっぱいものを食べると唾液が大量に出ますよね。
この唾液はレモンの酸性を緩和させるために大量に分泌されるのですが、これが口臭対策に効果的です。

 

唾液には強力な殺菌効果がありますし、そもそも細菌の繁殖を抑えることができます。
さらに唾液によって口の中に残っている食べカスなどを流すことができます。

 

レモンと同様の効果があるものに梅干があります。
梅干もまたクエン酸を多く含んでおり、すっぱい食べ物です。

 

とはいえ、レモンを丸かじり、というのはあまり現実的ではありません。
そこで料理にレモン汁を利用したり、レモンピールを取り入れたりするのがオススメです。
またレモン汁をミネラルウォーターなどで割ったレモン水も効果的です

 

リンゴで口臭対策

 

リンゴに口臭対策効果がある、というのは意外に思う方もいるかもしれません。その
効果を発揮しているのは、リンゴに含まれているリンゴ酸
という成分です。

 

リンゴ酸は歯のホワイトニングなどに利用されているイメージがありますが、消臭効果も優れています

 

また、リンゴをかじることによって歯の表面に付着した汚れを落とす効果があります。

 

リンゴには繊維がたくさん含まれているため、歯の表面を磨く効果があって、
簡単な歯磨きのような効果を得ることができます。

 

リンゴはシャリシャリとして歯ごたえがあります。
これはつまり咀嚼する回数が多いということ。
良く噛んで食べる必要があるため唾液腺が刺激されて唾液の分泌量を増やすという効果も期待することができます。

 

ただしリンゴ自体が食べカスとして口の中に残るとそれが口の臭いの元になることもあるため、
食後のデザートとしてリンゴを食べて、その後に歯磨きを行うのが理想的です。

 

オレンジで口臭対策

 

オレンジは口の中から発せられる臭いに有効なわけでなく、
胃腸から来る臭いに対して効果的です。
そのため、
口臭だけでなく体臭の改善にも効果を発揮します。

 

オレンジを始めとした柑橘類には酵素がたっぷりと含まれていて、これらが胃での消化をサポートするので胃の中に食べ物が残りにくくなります。もしも胃に食べ物が残っていると、それが発酵して臭いを発するようになります。

 

オレンジをそのまま食べるのも良いですが、
もっと手軽に取り入れるならオレンジジュースなどを朝食と一緒に飲むのがオススメです。

 

オレンジだけでなく、グレープフルーツジュースも同様の効果を得ることができるので、今までコーヒーを飲んでいたところをこれらに置き換えてみてはいかがでしょうか。