歯科で口臭対策をしてもらう

口臭が気になるけれど、どの病院に掛かればいいのか分からない!という方は歯科医に通いましょう。

 

歯科では口臭対策や口臭治療を行っています
実際に口臭の原因となるものを除去することや、その予防方法の指導、原因の説明などを行っています。

 

口臭の原因は全てが口から発せられているわけではありませんが、ほとんどがこれに該当すると考えてOKです。
ほとんどは歯垢や舌苔が原因となっていて、歯医者さんではこれに対処するためのケアを行っています。

 

口臭には大きく分けて2種類のものがあります。

 

口内環境による口臭

 

口の中の環境によって引き起こされる口の臭いですが、
虫歯、歯並びの悪さ、歯周病、かぶせ物(詰め物)のサイズが合っていないなどがあります。
中でも特に多いのが歯周病です。

 

歯周病は歯と歯茎の間に溜まった細菌が繁殖することによって炎症を起こした状態を言います。
この隙間のことを歯周ポケットと言いますが、適当な歯ブラシではなかなかキレイにすることができません。

 

そのため、成人の半分以上が、40代以降になると8割近くの人が歯周病に罹っているといわれているほどです。
また、意外と多いのがかぶせ物のサイズが合っていないこと。

 

長年かぶせ物を利用していると、周辺部分の歯が生活によって磨耗するのに対してかぶせ物の磨耗スピードが遅いために差が生まれて隙間となり、ここに細菌が入り込んで繁殖することで強い臭いを発するようになります。
そこで歯科医でチェックしてもらうとかぶせ物を付け替えたりして口の臭いの原因を解消することができます。

 

病気による口臭

 

病気によって引き起こされる口臭には、肝臓の病気や腎臓の病気、糖尿病などがあります。
また、胃腸などの消化器官の機能の低下もまた口臭を引き起こしますのでこちらに分類されます。

 

歯科医の先生にアドバイスしてもらいましょう

 

歯科医で力を入れているのは【その人に合った歯磨きの仕方】です。
歯並びは十人十色で、みんなが同じように行っていたのではきちんと磨ききることはできません。

 

そこで歯科医は、それぞれの歯並びとその特徴を把握した上で正しいブラッシング方法の指導を行っています。
少しでも疑問に思う点があったらドンドン質問して
自分に合った歯磨き方法をマスターしましょう

 

また、歯科医では舌の清掃方法の指導も行っています。
どれだけキレイに歯を磨いたとしても、
舌に汚れが付着していては口臭はおさまりません

 

そこで舌の汚れである舌苔を確実に、効果的に除去する方法をアドバイスしてくれます。
歯科での舌清掃では舌ブラシを利用した一般的な方法から、専用の薬液を用いる場合、さらには舌の清掃用の吸引機を利用する場合もあります。まずは自宅でも手軽に出来る舌ブラシの正しい利用方法を教えてもらって実践するようにしましょう。