漢方薬で口臭対策

漢方薬、と言えばどのようなイメージを持っているでしょうか。
多くの人は風邪の引き始めに飲むイメージを持っていたり、体脂肪を燃やすイメージがあったりと、とにかく身体に良い印象を持っているのではないでしょうか。

 

口臭に効く漢方

 

そんな漢方薬ですが、口臭に対しても効果的なものがあります。
代表的な漢方薬の成分に、甘草(かんそう)陳皮(ちんぴ)
山査子(さんざし)などがあります。

 

これらを独自に組み合わせることで、
口の臭いを改善する効果を生み出すことができます。

 

口臭に効果のある漢方薬の特徴は、乾きやすい口の中を潤すという点が挙げられます。漢方の本場である中国では、口臭の原因は口の渇きと胃の状態に問題があるとされています。

 

そのため、口に潤いを与える効果のあるものと胃の調子を整える効果のある漢方薬を調合したものがおススメです。

 

口が渇くことによって、細菌が繁殖しやすくなり細菌自体が発する臭いと細菌によって引き起こされた歯周病が臭いを放つようになります。これらを解消するためには口の乾燥を改善すること、そして健康的な身体を作り上げて免疫機能を上昇させることが重要になります。

 

漢方薬は医薬品などの治療とは異なって、身体の健康を高めることで病や身体的な悩みを解消することに重点を置いていますので、医薬品のような即効性を実感することが出来ない場合もあります。

 

しかしだからといって「効かなかった」と諦めるのではなく、歯磨きや良く噛んで食べるなどの普段からの心がけを行った上でさらに良くするために活用するのだということを覚えておくようにしましょう。

 

漢方薬を取り入れた口内ケアグッズ

 

漢方薬は服用以外にも、歯磨き粉に使われていたり、マウスウォッシュに取り入れられているものも数多くあります。
これらは外側からの働きかけによって血流改善を行なったり、細菌の退治を行うことができます。

 

普段利用しているものと、漢方薬を取り入れたものを置き換えることで息が臭くなくなったという人も少なくありませんので、利用を検討してみてはいかがでしょうか。