蓄膿症について

蓄膿症とは、副鼻腔が慢性的に炎症を引き起こして膿が溜まる症状のことを言います。この膿はうまく排出できない場合が多く、常に鼻が詰まっていたり、鼻水が出る状態になります。

 

副鼻腔は風邪や体調不良などでも炎症を引き起こす場合がありますがこれらは一時的なものに過ぎず、慢性的な炎症が起こる場合に蓄膿症であると判断されます。

 

蓄膿症になると、鼻呼吸がしづらくなるため口呼吸になることが多く集中力の低下やストレスの蓄積、ドライマウスなどの弊害を引き起こします。

 

蓄膿症が起こる原因には複数のものがあります。
まず、鼻の粘膜部分が免疫機能の乱れによって弱り炎症を引き起こしていること。

 

炎症を起こすと原因となるウイルスや菌などを身体は退治して、そのときに生じたウイルスや菌の死骸や白血球などが膿となります。この膿が次第に副鼻腔にまで増えていって詰まり始めると蓄膿症となります。

 

その他にも、中耳炎や内耳炎などによって鼻にまで炎症が起こり蓄膿症となるケースも少なくありません。
また、虫歯や歯周病が悪化することで細菌が上あごに侵入し、炎症を引き起こすことで蓄膿症になることもあります。

 

蓄膿症は遺伝的な要素も強く、アレルギー性鼻炎を持っていることで慢性的な鼻づまりを起こし、
そこから蓄膿症に発展することは珍しくありません。

 

蓄膿症と口臭

蓄膿症は先述したとおり副鼻腔に膿が溜まっている状態です。
その膿は強い臭いを放っていて鼻から口へと流れ込み、息に混ざって一緒に放出されます。

 

蓄膿症による膿の臭いの特徴のひとつに、
周りにいる他人が臭いを感じるよりも蓄膿症である本人の方が臭いを強く感じているケースが多いという点があります。

 

もしも周囲の人に対して悪臭が行き届いている場合には慢性化した口呼吸によって引き起こされたドライマウスが原因であることが多いです。鼻が詰まっている状態が続くため、呼吸をするためには口を使う必要があります。

 

口呼吸は口内の乾燥を促し、細菌の繁殖を高めてしまいます。
そのために口の臭いが気になるようになるのです。

 

細菌が繁殖することによって発せられている臭いはもちろんのこと、
細菌によって歯周病などが起こるようになると、より強い口臭が生まれるようになってしまいます。

 

蓄膿症を改善するためには

 

蓄膿症による口臭が気になる場合には根本となる蓄膿症を治療しなくてはなりません。
蓄膿症の治療には薬物療法を用いるのが一般的です。

 

抗生物質を服用することによって副鼻腔に膿を溜まりにくくします。
また、詰まった膿を取り除いたり、炎症を起こしている部分に薬を使用する場合もあります。
重症化した蓄膿症の場合は外科手術によって改善することもあります。

 

蓄膿症に悩んでいる人は耳鼻科に相談して、適切な治療を行うようにしましょう。