入れ歯による口臭

入れ歯を使っている人に口臭が現れる場合があります。

 

この入れ歯による口臭の原因は、
入れ歯そのものが臭う場合や、入れ歯のつけっぱなしが原因
となることが多いです。

 

入れ歯はつけたり外したりを繰り返すものです。
もちろん食事中に使用するものですので、入れ歯の表面部分に食べ物のカスや歯垢が付着します。

 

また、入れ歯を装着するための金具部分も汚れが付着しやすく、
溜まりやすいのでこれらから臭いが生じているパターンがほとんどです

 

商品によって異なるのですが、大多数の入れ歯は歯以外の部分と密着する部分(ピンク色の部分)はフィットしやすいように吸水性に優れた素材だったり、柔らかい素材であることが多く、この部分に唾液と共に細菌が入り込んで内部で繁殖しているケースも少なくありません。

 

例え口内環境を整えていたとしても、入れ歯自体が臭うようでは口臭となって発せられてしまいます。
また、不潔な入れ歯を利用すると様々な口内トラブルを引き起こすきっかけにもなりますので毎日の洗浄や専用の薬液などを利用して清潔な状態を保つ必要があります。

 

入れ歯による口臭の対策方法

 

まず第一に実践したいのが、入れ歯をつけっぱなしにして寝ることをやめることです。
食後などはお腹が膨れてそのまま眠ってしまいたくなりますが、そこをぐっとこらえるようにしましょう。

 

寝ている間は起きているときと比べて唾液の分泌量が極端に減少しています。
そのため、雑菌が繁殖しやすい状態になっているので口の臭いが強くなってしまいます
また、入れ歯そのものに臭いが染み付いてしまう場合もあり、これはそう簡単に落とすことが出来ません。

 

入れ歯はそう安いものではないので、気軽に買い替えを行えません。
ひとつの入れ歯を大事に使いたいと思ったら、つけっぱなしで寝るのは控えるようにしましょう。

 

入れ歯による口臭を改善するためには、食後に毎回入れ歯を洗うようにしましょう
入れ歯の表面部分に付着した汚れを落とすことによって、臭いも一緒に落とすことができます。

 

なお、洗うときには硬いブラシを避けるようにしましょう
入れ歯に細かい傷がつくと、そこに汚れが溜まって細菌がたまりやすくなります。
柔らかいブラシを利用して、流水に当てながら丁寧に洗っていきましょう。
また、夜寝ている間に入れ歯専用の洗浄剤を活用するのも入れ歯の清潔を保つのに効果的です。

 

入れ歯をしているから、歯磨きはしなくてもいいのか、といえばそれは間違いです。
歯茎の部分や、歯茎と頬の間には細菌や食べカスがたくさん詰まっています。
柔らかい歯ブラシを使って、丁寧に歯磨きを行いましょう。

 

これらを実践するだけで入れ歯による口臭をかなり改善することができますので、是非取り入れてみてください。