様々な口内環境が原因で起こる口臭記事一覧

口臭の原因は、口の中に細菌が繁殖することや歯垢や虫歯、歯周病などがあります。これらの元となる要因のひとつに歯並びの悪さが挙げられます。歯並びが悪いと、普通に歯磨きを行っただけでは磨き残しが発生しやすくなります。これはつまり歯の隙間などに歯垢が溜まってしまうために細菌の温床となったり、虫歯の原因となるので歯周病や口臭を引き起こすリスクが高まるということです。歯並びが良い人の場合は、学校などで指導され...

舌は健康のバロメーターと言われるほど体調の状態がダイレクトに現れる部位です。舌の色はもちろん、形や突起物(舌乳頭)などから健康状態がはっきりと見て取ることができます。歯磨きをするときに、歯のチェックを行う人は多いですが舌のチェックまでする人は少ないようです。しかし、毎朝の歯磨きのときに一緒に舌のチェックも行うように心がけるようにしましょう。健康的な舌であれば、ピンク色をしています。このピンク色がど...

蓄膿症とは、副鼻腔が慢性的に炎症を引き起こして膿が溜まる症状のことを言います。この膿はうまく排出できない場合が多く、常に鼻が詰まっていたり、鼻水が出る状態になります。副鼻腔は風邪や体調不良などでも炎症を引き起こす場合がありますがこれらは一時的なものに過ぎず、慢性的な炎症が起こる場合に蓄膿症であると判断されます。蓄膿症になると、鼻呼吸がしづらくなるため口呼吸になることが多く集中力の低下やストレスの蓄...

歯茎に炎症が起こることを歯周病と言います。歯周病が悪化すると、歯槽膿漏という症状を引き起こすようになります。歯周病は歯の病気では無く、土台となっている歯肉や歯根膜、歯槽骨の病気のことを言います。これらをひっくるめて歯周病といいます。歯周病には様々な原因があって、主な原因は雑菌の繁殖による炎症です。歯磨きが甘かったり、唾液の分泌量が少ないと雑菌が繁殖しやすい口内環境になります。また、歯垢や歯石は雑菌...

入れ歯を使っている人に口臭が現れる場合があります。この入れ歯による口臭の原因は、入れ歯そのものが臭う場合や、入れ歯のつけっぱなしが原因となることが多いです。入れ歯はつけたり外したりを繰り返すものです。もちろん食事中に使用するものですので、入れ歯の表面部分に食べ物のカスや歯垢が付着します。また、入れ歯を装着するための金具部分も汚れが付着しやすく、溜まりやすいのでこれらから臭いが生じているパターンがほ...