ガムで口臭対策

口臭が気になるという人が多く活用しているのがガムです。
ガムは様々なフレーバーがあって味も香りも楽しむことができますし、デスクワークなどの人と向き合うことが少ない職業だといつでもガムを噛むことができるというのは大きなメリットのひとつ。

 

口臭対策には、口の臭いの根本的な部分(例えば歯周病などがこれに該当します)の解消を行うものと、一時的に臭いを抑えることを目的としているものがあります。
口臭の根本的な解決を行うためには、毎日の歯磨きの方法やマウスウォッシュなどのグッズを活用することがあります。
一方の一時的に口の臭いを抑えるものにはガムを始めとしてアメやスプレー、タブレットなどが該当します。

 

一口にガムといっても、口臭対策用として販売されているものばかりではありません。
中には甘さを引き立てた【おやつ】としてのガムもありますし、眠気覚ましに特化したものもあります。

 

ではお口の臭い対策用のガムとその他のガムにはどのような違いがあるのでしょうか。

 

口臭対策におススメなガム

 

まず最初に挙げられるのが、ガムに含まれている成分そのものが口臭の原因を改善する効果があるという点です。
例えば食後であれば食べたものの臭いが口臭として放出されます。
この口に残った臭いを効果的に消すためには口腔内に残った臭いの元を消さなくてはなりません。

 

口臭対策用のガムにはそのための成分が含まれています。
なお、一般的なガムはガムに含まれている香料などで臭いを覆って一時的に香りを上書きすることで誤魔化しています。
そのため、ある程度の時間が経つと口の臭いが復活してしまいます。

 

また、配合されている甘味料についても特徴があります。
通常のガムには白糖などが甘味料として使われていることが多いのですが、
口臭対策用のガムはキシリトールという虫歯予防に効果的な甘味料を配合していることが多いです。

 

キシリトール入りのガムを噛むことによって虫歯になりにくくなります。
虫歯が出来るとそこから強い臭いを発する原因となりますので、
虫歯を作らない健康的で強い歯を目指すのにも有効だと言えます

 

そもそもガムには、咀嚼を繰り返すことによって長時間唾液の分泌を促すことができます。
唾液は口内の細菌を退治する効果や、舌や歯周ポケットなどに残った食べカスを洗い流す効果があります。
ガムを噛む、というその行為だけで十分に口臭対策を得ることができますが、せっかくガムを噛むのであれば口臭に特化したものを選ぶようにしましょう。

 

ガムはポケットに入るサイズのものがほとんどで、比較的持ち運びが楽ですし、様々な場面で活用しやすいというメリットがあります。職場などでなかなか歯磨きをする時間を確保するのが難しいという場合には食後の歯磨きが出来ないこともあります。
そのようなときにはガムを噛むことで唾液の分泌を促してある程度口内環境を整えることができます。

 

先述しましたが、ガムはあくまでも一時的に臭いを抑えるためのものです。
根本的に口臭を抑える場合には正しいブラッシング方法を基礎として、歯科医の診断を受けるなどするようにしましょう。