口の運動で唾液量をアップ

口臭の原因は唾液の分泌量が少ないことにあります。
そのため、
液腺を鍛えること、
刺激することによって唾液の分泌量を増加させて口臭を抑える
ことができます。

 

普段から良く笑う人や、良く話す人、ご飯をきちんと噛んで食べる人は口の運動を行っているので唾液の分泌量が多いのですが、デスクワークなどで比較的表情に変化が少ない仕事に就いている方や無口な人、ご飯を良く噛まない人はかなり口周りの筋肉が衰えて唾液の分泌量が低下している可能性があります。

 

また、口の筋肉が衰えるとシワやたるみ、
ホウレイ線が濃くなるなど美容面でも問題が生じるようになります。
魅力的な方は表情が豊かで肌にもハリがあるように感じませんか?
これは口周りを始め、表情筋が鍛えられている証拠でもあります。

 

口臭対策としてだけでなく、美容対策としても口の運動を取り入れてみましょう。

 

口の運動

 

口の運動を行うことで表情を豊かにし、唾液腺を刺激して唾液の分泌を促すことができます。
また、表情筋を良く動かすとポジティブな気持ちになり鬱々とした気持ちが晴れやかになることも研究から明らかになっていますので、毎日の気分転換に、口臭対策に、美容対策に実践してみましょう。

 

「そんな暇ないよ」という方は、入浴中やトイレのちょっとした空き時間に短時間でも実践してみると明確な違いを実感できると思います。何はともあれ実践が一番。

 

どれも簡単に出来ますので、気軽に取り組んでみてください。

 

舌のエクササイズ

舌の運動について紹介していきます。

手順はとても簡単。

 

@まずは顔をやや上に向けて、口を開きます。

 

A次に舌で上前歯の裏を押し、下前歯の裏を押します。

 

Bこれを数回繰り返したら次は下あごにある奥歯を舌で触ります。
上、下、右、左、上、下、右、左とリズミカルに。

 

ポイントは口を閉じないように気をつけること
口を一定以上開けるのをキープするのは意外と大変だと感じる人もいるかもしれませんが、それは筋肉の衰えの証拠。
舌に疲労感を感じたら1セット終了です。

 

これを1日2セットから3セット行えばかなりの舌のエクササイズになります。
唾液腺の刺激はもちろんのこと、二重アゴの改善や首のシワの改善にも効果的です。

 

頬のエクササイズ

 

頬と首の筋肉の運動を紹介します。

 

@口を【い】の形にして、頬の筋肉で唇を左右に引っ張ります。

 

A次に口を【う】の形にします。

 

これを何度も繰り返すと、頬の筋肉が鍛えられます
【い】に合わせて目を見開くようにすると頬だけでなく表情全体のエクササイズになります

 

唇のエクササイズ

 

唇のエクササイズの紹介をします。
唇の筋肉を引き締めることで
形の良い唇を手に入れることができます

 

また、普段口呼吸になりがちな人は口呼吸を予防することができるようになり、口臭対策にも効果的です。
やり方はとても簡単。

 

@まるでキスするかのように唇をすぼめて、唇の先端を開いたり閉じたりします。

 

A次に唇をすぼめたまま左右に動かします。